1_online_white.png
  • 日章新聞

オリックス・西村監督へ批判集まる ロッテに2カード連続負け越しで借金10へ

オリックス・バファローズの西村徳文監督に批判の声が集まっている。9日のロッテ戦を4-0で負け、ロッテにはここまで1勝10敗1引分と相性が悪い。1カード目は0勝6敗でまさかの「6タテ」、2カード目は1勝4敗1引分で「負け越し」という散々な結果に。引き分けも相手の鳥谷選手のミスによるものでチームの状況は決して良くない。全体の順位を見ても15勝25敗で借金10で勝率は.375で最下位。さらにこの状況下において週刊誌では監督が焼肉を食べに出かけたことが報道された。

ファンからは「中継ぎ投手の連投が多い」「球界でもトップクラスの山本投手や吉田正選手がいるのに勝てない」「もっと粘り強い野球を見せてほしい」「監督の雰囲気が暗い」「2010年にロッテを日本一にしたのが信じられない」などの批判の声が集まっている。

このようなチーム状態の中においても若月捕手が昨年に比べて大幅に打撃成績を伸ばす、西村選手が通算5本目の本塁打を放つ、吉田正尚選手が打撃で好調など希望を持てる状況にもある。ここからのオリックスの戦いぶりに注目だ。


0件のコメント
kamofuraバナー.jpg
fh2zutTb.png
広告バナー.png
Tシャツバナー.jpg