1_online_white.png
  • 日章新聞

ソフトバンク工藤監督に批判の声 マシンガン継投・代打牧原

9月6日の福岡ソフトバンクホークス対千葉ロッテマリーンズ(ペイペイドーム)などの千葉ロッテマリーンズ戦でホークス工藤公康監督に批判の声が相次いだ。2対4でマリーンズが勝利しロッテが4連勝となるカード全勝を決め、両者のゲーム差は0.5と逆転のあり得る位置まで来ている。

優勝を狙うチームとして2位との直接対決で負け、ゲーム差を縮められたことでホークスファンからは非難の声が出た。また、この3連戦では雑な投手起用が目立った。4日は板東を回の途中から登板させて回跨ぎ。0回3分の2で3失点を喫した。そのあとも1回を投げ切らない投手の登板や起用法のはっきりしない登板、連投などが批判を集めた。特にマリーンズ戦はマリーンズの吉井投手コーチが徹底した投手運用を実施しているために守護神益田を除いた3連投の禁止などで起用法がはっきりしている。その差が分かりやすいところからも批判の声は大きかった。

6日の試合では調子の悪い上林外野手と牧原内野手を9回に代打で出場させた。上林外野手・牧原内野手共に交代する前の甲斐捕手・川瀬内野手の方が打者成績が優秀であり、両者ともに打率1割台で「代打に出した意味が分からない」と批判を受けた。

0件のコメント

最新記事

すべて表示
kamofuraバナー.jpg
fh2zutTb.png
広告バナー.png
Tシャツバナー.jpg