1_online_white.png
  • 日章新聞

ホークス工藤監督の継投に批判の声 1アウトで投手交代「酷使贔屓左右病」と批判も

福岡ソフトバンクホークスの工藤公康監督の投手運用を巡り、ファンだけではなく相手チームのファンからも批判の声が上がっている。

11日の千葉ロッテマリーンズ戦の6回、和田毅投手が降板し登板した右投の泉圭輔投手は対戦した右打の中村奨吾内野手を2球で中飛に打ち取る。工藤監督はここで左打のマーティン外野手に打順が回るために左投の嘉弥真新也投手に交代。マーティン外野手に出塁を許し、安田尚憲内野手を打ち取ると投手を嘉弥真投手から右投の高橋礼投手に交代。5番の井上晴哉内野手が右打であるための交代であるとみられている。この継投を巡り、両チームのファンからは「泉がかわいそう」「嘉弥真の酷使が酷い」「左右病も大概にしてほしい」「贔屓酷使左右病やめろ工藤」などのコメントが寄せられた。

0件のコメント

最新記事

すべて表示
kamofuraバナー.jpg
fh2zutTb.png
広告バナー.png
Tシャツバナー.jpg