1_online_white.png
  • 日章新聞

ホークス緊急会見に不満の声 会見遅れ

プロ野球の福岡ソフトバンクホークスが3日22時に実施した一軍選手・監督・スタッフの新型コロナウイルス感染症のPCR検査の結果を発表する記者会見について、当初の開始予定であった19時の予定から3時間遅れて開始されたことに不満の声が集まった。

当初の開始予定であった19時に始まらず、1時間以上が経過した20時過ぎに会見の開始時間が未定となったことが伝えられ、22時に会見が実施された。

結果は選手監督コーチは全員陰性で、球団スタッフ1名の陽性反応と接触のあったスタッフ2名の自宅待機であった。陽性の結果を得て、NPBや4日からの試合が予定されている東北楽天ゴールデンイーグルスとの協議などによって会見内容の調整が行われた結果、今回の会見の時間変更につながったとみられている。

協議してから記者会見の時間発表ではなく、記者会見の時間を発表してからの延期であったために、ファンや記者を待たせる結果となり、不満の声が上がった。

0件のコメント

最新記事

すべて表示
kamofuraバナー.jpg
fh2zutTb.png
広告バナー.png
Tシャツバナー.jpg