1_online_white.png
  • 日章新聞

ロシア海軍・中国海軍艦艇の動向発表 統合幕僚監部



統合幕僚監部は28日にロシア海軍ウダロイⅠ級駆逐艦2隻及びボリス・チリキン級補給艦1隻の合計3隻を海上自衛隊第5護衛隊所属「あけぼの」及び第1航空群所属「P-1」が27日午後2時頃に下対馬の南西約160kmの海域で確認し、艦艇が対馬海峡を通過して日本海へ航行したことを確認したと発表した。



同日に23日午後9時30分頃に海上自衛隊第46掃海隊所属「ししじま」第5航空群所属「P-3C」が久米島の北西約100km の海域を南東進する中国海軍ジャンカイⅡ級フリゲート1隻を確認し、当該艦艇は沖縄本島と宮古島の間の海域を南下し、一時的に太平洋に進出したが、26日(土)に沖縄本島と宮古島の間の海域を北上し、東シナ海へ向けて航行したことを確認したと発表した。

0件のコメント

最新記事

すべて表示
kamofuraバナー.jpg
fh2zutTb.png
広告バナー.png
Tシャツバナー.jpg