1_online_white.png
  • 日章新聞

ロッテ・平沢大河が右肘手術 今季絶望

千葉ロッテマリーンズは15日、15日に平沢大河内野手が横浜市内の病院で右肘骨棘切除・遊離軟骨除去術を実施したと発表した。術後2か月後のスローイング開始でシーズン終了後の12月中旬からのスローイング開始となる。

平沢大河は今季一軍登録・出場はなし。二軍では56試合に出場し規定打率に到達、打率1割4分2厘、1本塁打、10打点で規定打席到達選手で打率最下位、唯一の打率1割台でファンからは不安の声が上がっていた。

0件のコメント

最新記事

すべて表示
kamofuraバナー.jpg
fh2zutTb.png
広告バナー.png
Tシャツバナー.jpg