1_online_white.png
  • 日章新聞

反中意見が一般にも 新コロ問題で批判急増

「新型コロナウイルス感染拡大の要因は中国がウイルスを拡散させた」「大本の感染源は中国である」として中国に対しての批判的意見が一般層にも急増している。

中国はここまで右派系団体が9月29日に反中共デー(反中国共産党)を実施していたほか、右派系団体などからウイグル自治区・内モンゴルへの問題への批判、尖閣諸島をめぐる問題への批判、国内の左右を問わない政治団体から香港に関する問題が批判されている。

それに追従する形で新型コロナウイルス感染症の感染拡大の原因は中国であり、予定していた旅行や事業などに支障が出たと批判する意見が急増した。新型コロナウイルス感染症の感染拡大によって国内の経済には大きな打撃が与えられている。特に観光業などは深刻な被害を被っている。

世界保健機関(WHO)は中国が感染源であると明言していないが、今回の世界的な感染拡大は中国の武漢市で新型コロナウイルス感染症に伴う肺炎が流行したことが各種メディアなどでクローズアップされている。また、それ以前に世界で新型コロナウイルス感染症に関連する感染症の流行が確認されていないことからも中国が感染源であるという説は支持されている。

0件のコメント

最新記事

すべて表示
kamofuraバナー.jpg
fh2zutTb.png
広告バナー.png
Tシャツバナー.jpg