1_online_white.png
  • 日章新聞

合流難航の立憲と国民民主 批判の声も

立憲民主党と国民民主党の合流が難航していることに対して批判の声が目立ち始めた。

当初の合流案では両党が解散したうえで新党を結成するものであり、野党共闘により拍車をかけるものであると想定されていた。しかし、合流が近づくにつれ意見の対立が目立ち始めた。

国民民主党側の玉木雄一郎代表は立憲民主党から示された合流条件に対して役員会でも反対が多かったとして代替案を提示、国民民主党を分割する方法を提案した。玉木氏本人は自民や維新への移籍を否定し、改革中道の旗を掲げながら政権交代を目指すという。

合流が難航したことやこのような合流を巡った意見の対立を受けて国民民主党側の支持者からは立憲民主党との合流に対して不信感を示す人物も増え、「立憲との合流は撤回してほしい」「玉木氏には経済政策を中心に独自色を打ち出した政党を作ってほしい」などの玉木氏に期待をするコメントなどが見られるようになった。

0件のコメント

最新記事

すべて表示
kamofuraバナー.jpg
fh2zutTb.png
広告バナー.png
Tシャツバナー.jpg