1_online_white.png
  • 日章新聞

大規模メディアに迫る危機

新聞社やニュースプラットフォームサイトなどの大規模な運営が行われているメディアは今現在危機に扮している。

SNS、特にTwitterがここ数年で急速に成長し、個人の情報発信が非常に容易になったことによって、メディアの個人化が進むことになった。

個人が情報を発信することによって、ニュース記事というものの価値は低下している。

また、誤報や捏造などを見破る事例も多発しており、メディアが信頼を失っている。信頼されることなく、記事の閲覧が減少すれば、運営の柱である広告収入は大きく減少することとなり、情報を発信する能力を失うことになるのだ。

今後メディアとして生き残れるのは専門紙等に重点が置かれるだろう。例えば詳細な業界の情報が掲載された業界紙や、政党の運動を詳しく伝える新聞、政党・宗教の機関紙など、個人化されたメディアに掲載されにくい状況、多数にわたる公式発表の場が存在する業界などが該当する。

一方で一般紙のような大規模なメディアは個人化に対応しないと倒産の危機にある、。

このような大規模メディアに迫る危機は当然首脳陣は認知しているだろう。

今後はメディア情報のデジタル化・個人化するメディアへの対応が大きく求められているのが現状だ。

0件のコメント
kamofuraバナー.jpg
fh2zutTb.png
広告バナー.png
Tシャツバナー.jpg