1_online_white.png
  • 日章新聞

大阪都構想反対多数か 大阪市廃止理解得られず

政令指定都市としての大阪市を廃止し、4つの特別区に編成する「大阪都構想」について11月1日に賛否を求める住民投票が実施された。現段階では反対派多数で否定の見通しが立っている。

大阪市を廃止し4つの特別区に編成することで二重行政が解消されると維新側は訴え、住民サービスなどの維持を約束した。一方で反対派の自民党や共産党は「住民サービスは維持である以上都構想を実施する理由はないのではないか」「試算ではコストが非常にかかる」などと反論、議論が続いていた。


0件のコメント

最新記事

すべて表示
kamofuraバナー.jpg
fh2zutTb.png
広告バナー.png
Tシャツバナー.jpg