1_online_white.png
  • 日章新聞

消費者物価指数改定計画に関する意見を募集 総務省

総務省は令和3年(2021年)に予定している消費者物価指数の第16次の改定に向け、「消費者物価指数2020年基準改定計画(案)」を策定し、令和2年7月23日(木)から同年8月26日(水)まで意見募集を行うと発表した。

総務省は経緯として「消費者物価指数は、全国の世帯が購入する財及びサービスの価格変動を総合的に測定し、物価の変動を時系列的に測定することを目的として、我が国では昭和21年(1946年)8月に作成を開始して以来、毎月作成・公表しています。同指数は、一定の周期で指数の基準年次を更新する基準改定を行い、採用する品目やウエイトなどの見直しを行っています。『消費者物価指数2020年基準改定計画(案)』は、令和3年(2021年)に予定している同指数の第16次の改定(現行の2015年基準から2020年基準への移行)に向け、改定の主な内容及び指数作成上の基本方針について取りまとめたものです。」としている。

意見は電子政府の総合窓口「e-Gov」の意見提出フォーム、総務省統計局統計調査部消費統計課物価統計室宛の電子メールで提出できる。

0件のコメント

最新記事

すべて表示
kamofuraバナー.jpg
fh2zutTb.png
広告バナー.png
Tシャツバナー.jpg