1_online_white.png
  • 日章新聞

臨時国会での十分な審議要求 共産・志位氏

日本共産党の志位和夫委員長は2日に短文投稿サイト「Twitter」で「臨時国会は首相指名だけで閉じるという日程が報じられているが、絶対に認められない。野党は憲法53条に基づき臨時国会開催を要求している。審議をやらないで閉じるとなれば、新政権は、最初から憲法違反をすることになる。衆参の代表質問、予算委で、国政の基本問題について十分な審議を行え!(原文ママ)」と、臨時国会開会時に新政権に対して十分な審議をするように訴えかけた。

日本国憲法53条は「内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる。いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない。」とあり、野党はこの条文を基に臨時国会開会を要求していた。

0件のコメント

最新記事

すべて表示
kamofuraバナー.jpg
fh2zutTb.png
広告バナー.png
Tシャツバナー.jpg