1_online_white.png
  • 日章新聞

臨時国会開会もとめる声 共産・国民民主ら野党中心に

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う政策についての議論を求めた臨時国会の開会を要求する声が野党を中心に上がっている。

日本共産党の小池晃氏は「(与党は)臨時国会を開く気がない」と批判した。国民民主党の玉木雄一郎代表は「政府がやるべきは国民へのお願いだけではなく検査・隔離の体制をどう拡充させるか、業種を限定した休業要請や指示、万全の休業補償をどう実現するかの具体策を示すことだ。感染症法や特措法の改正も必要だろう。追加の経済対策など議論することはたくさんある。感染が再び拡大している中、国家の戦略と方針が見えない。総理自身が国会に出てきて国民に説明するときだ。臨時国会の開会を求める。」と臨時国会の開会を求めた。

国会では現在閉会中審査が実施されている。

0件のコメント

最新記事

すべて表示
kamofuraバナー.jpg
fh2zutTb.png
広告バナー.png
Tシャツバナー.jpg