1_online_white.png
  • 日章新聞

離れた地域でも災害に警戒を【台風14号】

気象庁は9日に台風14号の見通しについて発表し、台風から離れた地域でも災害に警戒するように呼び掛けた。

気象庁は「強い台風第14号は、四国の南の海上にあって北東にゆっくり進んでいます。台風の北側には前線が停滞しています。台風は強い勢力を維持しながら、次第に東よりに進路を変え、10日にかけて西日本へ、10日から11日にかけて東日本へ接近するおそれがあります。台風の北上に伴い、前線も次第に北上し、台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込むため活動が活発となる見込みです。台風の接近する地域を中心に、高波に厳重に警戒、大雨・暴風に警戒が必要です。台風から離れた地域でも、竜巻などの激しい突風に注意してください。今後の予想を含めた最新の情報は、地元の気象台が発表した気象情報や気象庁ホームページの危険度分布をご利用ください。」としている。

0件のコメント
kamofuraバナー.jpg
fh2zutTb.png
広告バナー.png
Tシャツバナー.jpg