1_online_white.png
  • 日章新聞

首相辞意表明に社民党談話「国民に信を問うべき」

社民党は28日に首相の辞意表明について談話を発表し、「病気と闘ってこられた安倍首相に、お見舞いを申し上げるとともに、まずは病気の療養に専念していただきたい。」と前置きした上で「国民からすると、安倍政権の実績は見当たらず、負の実績ばかりが目立っている。」「安倍首相は、『政治は結果責任』、『任命責任は私にある』といいながら、一切何の責任もとらずに退陣へと至るのは、極めて遺憾である。」と批判した。

新政権については「新政権は選挙管理内閣として、当面する新型コロナ対応に全力をあげるとともに、与野党双方が今後の政治についてしっかり方向性を打ち出したうえで、早期に国民の信を問うようにすべきである。」と述べている。

0件のコメント

最新記事

すべて表示
kamofuraバナー.jpg
fh2zutTb.png
広告バナー.png
Tシャツバナー.jpg