1_online_white.png
  • 日章新聞

「戦後体制打破、移民反対」西村齊氏が記者会見 N党全国比例で出馬

NHK党から全国比例で出馬を予定している日本派政治活動家の西村齊氏は20日、記者会見をおこなった。


西村氏は出馬の理由について二つ挙げた。

「NHK党の諸派党構想に日本派として乗ってみようと思った。出馬を決めた5月11日は平成の御代に靖國神社御親拝を望んだ沼山光洋さんが自決した日。偶然ではなく必然だと思っている。」

「NHK党は自民党みたいに党議拘束が掛からない。自民党とどっちが保守かと言えばNHK党。政治活動してきたことをそのまま言っていいと言われた。政策も積極財政、NHKスクランブル、原発再稼働、国防と保守寄りだった。」


「NHK党の4つの政策に加えて、戦後体制打破、主に教科書検定、外国人の土地取得、移民反対、NHKをはじめテレビの偏向報道問題、中国共産党の危険性、日本人へのヘイトスピーチ問題などを訴えたい」

政策について西村氏はこのように訴えた。「積極財政は積極増税になるのでは」という質疑に対しては「中野剛志氏の『奇跡の経済教室』を読んでほしい、そこに言いたいことが全て書いてある」と政策の深い内容について返している。


妨害については「予告は来ているが、声をかき消せるような街宣車を用意した。相手にしない」と自信を見せた。

0件のコメント

最新記事

すべて表示
kamofuraバナー.jpg
fh2zutTb.png
広告バナー.png
Tシャツバナー.jpg