top of page

GDP-0.5% 労働者数増も消費支出減少

内閣府は16日、令和6年1月-3月期の国内総生産(GDP)速報を公表した。実質GDPの成長率は‐0.5%で、年間で-2.0%の成長率となる。名目GDPは0.1%の増加に留まった。


総務省が14日に公表した労働力調査によると、正規雇用の労働者は前年同時期に比べ31万人、非正規雇用の労働者は25万人増加した。日本国内での消費支出の増加に寄与することなく、実質民間消費支出は‐0.7%と大きく減少した。


民間消費支出の減少は、実質雇用者報酬が‐0.4%と減少したことに起因するとみられる。報酬・消費の減少は経済停滞を解消する上での大きな課題となっている。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


kamofuraバナー.jpg
令和6年スローガン.jpg
Tシャツバナー.jpg
bottom of page