1_online_white.png
  • 日章新聞

コロナ対策・臨時国会を要求 維新が首相に提言

日本維新の会は15日、菅義偉内閣総理大臣に対し、新型コロナウイルス対策と、臨時国会の開会を要求する提言を提出した。

総理官邸にて、片山虎之助共同代表、馬場伸幸幹事長、遠藤敬国会対策委員長、足立康史幹事長代理が、『新型コロナウイルス感染症対策に関する提言(第9弾)』を菅義偉内閣総理大臣に提出した。

提言では

  • 医療従事者確保のための命令規定の新設

  • かかりつけ医中心の感染症対策への転換

  • 退院勧告基準、隔離解除基準の見直し

  • 抗体カクテル療法処方範囲の更なる緩和

  • 感染の主たる地域となる大都市へのワクチン、治療薬の傾斜配分と接種促進

  • 国産ワクチン・治療薬の早期開発・承認への財政支援

  • 検査体制強化

  • 先送りしない経済対策

  • ロックダウン法制の整備

  • 国会議員歳費2割削減の延長

が提案された。併せてこれらの議論を行うための臨時国会の開会を要求している。

0件のコメント

最新記事

すべて表示
kamofuraバナー.jpg
fh2zutTb.png
広告バナー.png
Tシャツバナー.jpg