1_online_white.png
  • 日章新聞

「代表団と会う必要ない」官邸前で演説 戦線社


韓国の正式な使節でもない代表団に、わざわざ首相が会う必要はない―


戦線社(髙田輝代表)は27日、首相官邸まで街頭演説をおこない、岸田政権について批判した。


「国民の声に耳を傾ける政治というが、韓国を声を聞いてどうするのか」

近藤懐志本部長は韓国に対する岸田政権の姿勢について糾弾した。その他にも、ウクライナに対する日本政府の姿勢について批判した。


戦線社の社員からは「国民の声を聞く政治であっても決められなければ意味がない」と岸田政権を批判する声が上がった。


同日に中国海軍の測量艦が鹿児島沖で領海侵犯し、日本政府が「懸念伝える」という内容の報道があったことに触れ「懸念以外に日本政府ができる方法をおこなうべき」という批判の声もあった。


0件のコメント
kamofuraバナー.jpg
fh2zutTb.png
広告バナー.png
Tシャツバナー.jpg