1_online_white.png
  • 髙田輝

岡本一兵衛氏について主張に食い違い 神真都Q会


 

 今年四月に渋谷区や新宿区のワクチン接種会場に無断で立ち入り、建造物侵入の疑いで逮捕されている神真都Q会(甲兄こと村井大介代表)で理事を務めている岡本一兵衛(本名=倉岡宏行)氏が「脱会したか」について神真都Q会と元会員の間で主張に食い違いが発生している。


元会員らによる主張

 

 同会元理事の京極光晴氏と井上智恵氏が旧神真都Q会のホームページ(yamatoq.info)を八月二十六日に更新。その内容によると岡本氏は木原巧仁哉弁護士らを解任し別の弁護士を新たに選んだ。また岡本氏をはじめとして、当時逮捕された同会メンバーは全員退会し、七月二十六日に退会届も担当者が在住する北海道札幌市に送付された、と言うのが京極氏らが弁護士より話をされたと主張している。


岡本氏の名称やユーチューブについて


 「どのような理由があっても、神真都 Q 会に戻る事は一切考えていないと強く明言して」いると主張。村井代表が同会の新ホームページなどに掲載している「アンポンタン甲&甲兄&一兵衛」についても「一兵衛」という名称を許可無く使う事を止めて欲しいとしている。


 また、同会の会員が自身のユーチューブアカウントで過去の岡本氏の動画を転載している事についても本人が要望する事は「言うまでもありません」としている。


神真都Q会側の主張


 同会の会員はツイッターで「そのような事実は「ない」ということが判明しております」とツイートしており、また「田中角栄もホリエモンも出来なかったのに拘留中の者が外部に声明を出せるはずがない。」と京極氏らを批判している。


 岡本氏の弁護士を務めていた木原巧仁哉弁護士は八月二十六日にフェイスブックを更新し、「弁護方針の相違があったかのように掲載されているが、そのような事実はない」としている。また七月に岡本氏から受け取った手紙では「徹底抗戦よろしくお願いします!!!!正義は我々にあり!!!!」と書かれていたと主張。


 今までの対応を受けて木原弁護士は、旧ホームページに記載された内容に「明らかな虚偽」があるとして批判している。


 村井大介代表は一連の流れについて「DS(ディープステート。闇の政府の意)官僚が全力でもみ消しただけ」としている。




0件のコメント
kamofuraバナー.jpg
fh2zutTb.png
広告バナー.png
Tシャツバナー.jpg