1_online_white.png
  • 日章新聞

立憲・国民民主・共産・社民の4党が国会召集の拒否を抗議

立憲民主党・国民民主党・日本共産党・社会民主党の4党は2日、自由民主党・大森裕国対委員長に対し臨時国会の召集要求を拒否したことに対する抗議が記された声明文を提出したと発表した。

声明文は「新型コロナウイルス感染症がかつてない規模に拡大し、21都道府県で緊急事態宣言、12県でまん延防止等重点措置が実施される中、医療現場は危機的状況に陥っており、速やかに臨時国会を召集して、直ちに補正予算をはじめとする措置を取ることが不可欠である。にもかかわらず、政府与党は一昨日、臨時国会の召集を見送ると回答した。これは明白な憲法違反であり、国権の最高機関としての役割を放棄するに等しい。野党4党は、政府与党の姿勢を強く非難するとともに、憲政の常道に基づいて任期満了までに、菅自公政権に対して国民が審判を下せるようにすることを求める。(原文ママ)」という内容で、新型コロナウイルス感染症の感染対策を理由に召集を要求していた。

0件のコメント

最新記事

すべて表示
kamofuraバナー.jpg
fh2zutTb.png
広告バナー.png
Tシャツバナー.jpg