1_online_white.png
  • 日章新聞

元日本第一党副党首、元福岡県本部長を逮捕か 詐欺容疑

更新日:2021年9月8日

給付金詐欺で、福岡県在住の男女3人が逮捕された。逮捕されたのは池田華子容疑者、池田恒雄容疑者、鹿野真都枝容疑者の3人。


去年の9月に池田華子容疑者が代表を務めるNPO法人「日本結婚支援連盟」が職員を休業させたと偽り、給付金をだましとったという。


一部報道によると警察は3人の関係性や役割分担などの実態の解明を進めているという。



日章新聞社の調べによると、池田恒雄容疑者は政治団体「日本第一党」の副党首(九州・沖縄地区担当)とみられ、令和3年6月に実施された同党の桜井誠党首の講演会で副党首の「池田恒雄」氏が挨拶をしている様子が動画にアップされている。桜井誠党首のブログにも同姓同名の人物が副党首として紹介されている。その他にも現在は解散した政治団体「愛国塾」の代表者を務めていたことが過去の政治資金収支報告書から判明している。政治資金収支報告書によると同塾の会計責任者が「池田華子」から「池田恒雄」に修正されており、両者の関係性が伺える。


鹿野真都枝容疑者は同じく日本第一党の福岡県本部長であるとみられる。元党員を名乗る男性の生放送で発覚した。


日本第一党広報委員会は両者について「党員ではありません」と否定している。しかし、日本第一党のホームページにある地方本部一覧から福岡県本部だけが本部長の氏名が掲載されていないこと、日本第一党の第二期人事から九州地区のみ代行が当初から置かれていることになっており、逮捕された容疑者と同一人物の可能性が高い。


本来であれば愛国者にあるまじき行動として除名を公表するべき問題だ。党員ではないと虚偽説明をする方が社会運動を行う団体としてより悪質なのではないだろうか。 【追記】日本第一党の広報委員会に過去の所属歴等について尋ねたところ「党員でない個人に関しては回答を差し控えさせていただきます」と明確な回答はなかった。

0件のコメント

最新記事

すべて表示
kamofuraバナー.jpg
fh2zutTb.png
広告バナー.png
Tシャツバナー.jpg