1_online_white.png
  • 髙田輝

ワクチンパスポート反対デモ 抗議する市民も



19日に元国民主権党党員らによって結成された超党派の反コロナ・反ワクチン運動組織「反コロナ共闘委員会」によるワクチンパスポートに反対するデモ行進が新宿で行われた。

主催者発表では、デモ行進には約150名が参加した。参加者の中には「武士道」や「国民主権党」、「日本の子供の未来を考える会」のメンバーも参加した。

沿道から数名の市民らが拡声器を用いて「コロナはただの風邪」という主張について「反コロナ共闘委員会には感染症の専門家がいないし、『コロナはただの風邪』ということを示す論文もない。専門家を団体の幹部に招聘して『コロナはただの風邪』と言う事を示す発表すれば良いのではないか」批判を繰り返し行った。

ワクチンパスポートとはワクチン接種証明書のことで、国際的な人的利用で使用する際において、予防接種を受けた本人に発行する接種済証では英語表記、記載事項の不足、偽造防止対策といった課題を補うために発行される。

「反コロナ共闘委員会」をはじめとした、反コロナ・反ワクチン派はワクチンパスポートの発行に対して「望んでもいない注射を強制的に打たされるのは人権侵害」として反対している。

0件のコメント

最新記事

すべて表示
kamofuraバナー.jpg
fh2zutTb.png
広告バナー.png
Tシャツバナー.jpg