1_online_white.png
  • 日章新聞

「拉致被害者は生きていない」立憲・生方氏発言に抗議 日本国民党


立憲民主党・生方幸夫衆議院議員(現職・千葉6区)の発言について、日本国民党(代表=鈴木信行葛飾区議会議員)が抗議活動を実施した。

生方氏は、9月に松戸市内でおこなわれたセミナー中に、北朝鮮に拉致された拉致被害者について「生きている人はいない」などと発言したとされている。生方氏は発言を撤回し、立憲民主党は追加公認を含めて公認をおこなわないとしている。

日本国民党は13日午後に衆議院議員第一議員会館前において、街宣車を用いた抗議活動を実施した。要求書の手交は事務員不在によって断られた。

同日夕方には松戸市内にある生方氏の事務所の前で抗議をおこなった。事務所は閉鎖されていたが、事態を知った事務所の職員と一触即発状態となった。日本国民党は生方氏の事務所に辞職要求書を投函している。

この際、生方氏の事務所職員が抗議に来た日本国民党党員に暴言を吐いたとされている。

1件のコメント

最新記事

すべて表示
kamofuraバナー.jpg
fh2zutTb.png
広告バナー.png
Tシャツバナー.jpg