1_online_white.png
  • 日章新聞

「持ち直しの動きに弱さ」内閣府・月例経済報告

内閣府は25日、令和3年11月分の月例経済報告を発表し「新型コロナウイルス感染症による厳しい状況が徐々に緩和されつつあるものの、引き続き持ち直しの動きに弱さがみられる」と総括した。

10月の基調判断では「持ち直しの動きが続いているものの、そのテンポが弱まっている」と判断しており、継続して持ち直しの動きが弱くなっている。

個人消費や国内企業物価、企業収益には持ち直しの動きが見られる一方で、貿易・サービス収支は赤字、輸入は横ばい、生産は足踏みがみられるなど、一部で持ち直しに時間がかかっている。

海外経済についてはアメリカを持ち直していると評価し、世界全体で見ても持ち直していると判断している。その一方で、中国の持ち直しの動きは鈍化していると判断している。

0件のコメント
kamofuraバナー.jpg
fh2zutTb.png
広告バナー.png
Tシャツバナー.jpg