1_online_white.png
  • 髙田輝

「突撃街宣」予告も実施されず 荒川区のワクチン接種会場


トランプ前大統領を筆頭に活動する世界Qの日本支部と自称する「神真都Q(やまとQ/岡本一兵衛代表)」の構成員が十二日に予告していたワクチン接種会場への「突撃街宣」が開催されなかった。


接種会場への街宣を予告したのは同団体に所属する男性。二ヶ所の接種会場の住所を挙げ、「個人的な活動」として同団体のオープンチャット内で告知を行っていたが、記者がオープンチャットに記載された二ヶ所の接種会場へ向かって見たところ、それらしき人物は見当たらなかった。


神真都Qは過去に、静岡県焼津市のワクチン接種会場において医師に向けて「(我々は)十七億人の団体です」「殺人罪だ」と迫り、騒動を起こしたことがある。その事件を受けて、神真都Qを観察していた人々から注意喚起を求める声が上がっていた。


この動きに対して、荒川区議会議員の夏目亜季議員が「所管と連絡と取り、実際そういうことが起きた際には警察と連携して対応してくれる様なので安心して欲しい」とツイッターで発信した。


カルト関係に詳しい男性はツイッターで「子供達が変な街宣を聞いたら不安になるだろう。そもそも不安がらせることが目的だ。かなり罪深いことをやろうとしている」と憤りを見せた。

(髙田輝)

0件のコメント

最新記事

すべて表示
kamofuraバナー.jpg
fh2zutTb.png
広告バナー.png
Tシャツバナー.jpg