1_online_white.png
  • 日章新聞

「行動する保守運動に代わるこれからの連帯と展望」荒巻靖彦氏が講演 日本派保守同盟交流会



23日におこなわれた「日本派保守同盟交流会」で「日本人聯盟」副長の荒巻靖彦氏が「行動する保守運動に代わるこれからの連帯と展望」と題して講演をおこなった。


本交流会の開催趣旨である「日本第一党および行動する保守運動の瓦解を受け「日本派保守同盟」として、まずは、新たな緩やかな連帯が必要(「俊傑憂憤の集い」より)」に沿った内容での講演であった。


「これからの行政交渉や選挙で協力するのを大切にしたい」

このように述べて講演を締めた。


その後におこなわれた総括でも西村齊氏が「日本派議員に票を集められるようになればいい」と述べた。

0件のコメント

最新記事

すべて表示
kamofuraバナー.jpg
fh2zutTb.png
広告バナー.png
Tシャツバナー.jpg