1_online_white.png
  • 日章新聞

【終戦の日】一部団体の行動に疑問


8月15日は終戦の日だ。靖国神社に参拝し英霊の御霊に祖国防衛の感謝を述べ、慰霊をおこなったり、千鳥ヶ淵や各都道府県の護国神社、各自治体の慰霊碑へ足を運んで慰霊をしたりする。


そうした慰霊の日であるにも関わらず、靖国神社の破壊を訴える反天皇制運動連絡会(反天連)のような過激左翼集団が九段下交差点を通過する。鈴木信行氏の著書『指名手配議員』(集広舎)によれば、昔は靖国神社に向かって突進してきたという。終戦の日に自らの政治的目的を果たそうと慰霊の場を破壊するような行為は人の心を持たない人畜鬼畜にほかならない。


そうした過激集団に対し、右翼や行動保守などの市民運動は抗議の声を上げ続けた。そうした抗議行動において、抗議ブースの使用の方法について団体間でのもめ事があったという。日本第一党と他の愛国団体のブース使用について、当初ブースの一部を日本第一党が譲ったのにも関わらず、その協定を日本第一党がひっくり返して一触即発となったというのだ。


双方に言い分が存在するが、ここでどちらの言い分が正しいかを問うことはない。しかし、日本第一党の桜井誠氏がブログでそのほかの愛国団体について「アンチ売国集団」と断定して「妨害」と称したのは問題だろう。現場に参加していないのに事情を断定してる点も問題ではないだろうか。


自分と異なるものを「売国」とする姿勢そのものも問題だ。桜井誠はあくまで桜井誠という人である。他の人の属性を決定する権利は存在しないのだ。

0件のコメント

最新記事

すべて表示
kamofuraバナー.jpg
fh2zutTb.png
広告バナー.png
Tシャツバナー.jpg