1_online_white.png
  • 日章新聞

【中核派援助交際】初報から半年 日本第一党の”いま”

本紙による日本第一党・桜井誠党首が中核派の関係者とされる人物Aと援助交際をしていたと報道してから24日で半年になる。日本第一党の”いま”はどのようになっているのか。


日本第一党の”崩壊”進行


事件報道がどのように反映されたかはわからない。しかし、日本第一党の”崩壊"はさらに早まった。本紙発行の『日本第一党の崩壊』が指摘する顛末の通りだ。4月末には行動する保守運動系の活動家で構成された日本派保守同盟の交流会がおこなわれ、行動する保守運動系活動家のゆるい連帯が組織され始めた。


事実一部認めるも…


桜井誠党首はAに対して金銭を渡していたことは認めているが、援助交際については口を開かなかった。問題については被害者の男性から強制わいせつの容疑で刑事告訴されるなど、問題の解決は難しいのが現状だ。


参議院は全員落選も統一地方選に意欲


それから約4か月後の第26回参議院議員通常選挙では選挙区・比例を含めて出馬した公認候補全員が落選した。来年春に予定されている統一地方選挙には意欲を示しているという。ある関係者は「統一地方選での当選は厳しい」と見方を示している。今後の展開に期待だ。

0件のコメント

最新記事

すべて表示
kamofuraバナー.jpg
fh2zutTb.png
広告バナー.png
Tシャツバナー.jpg