top of page

性犯罪で執行猶予中の男性が講師 教員免許の取り消し制度拡充を

令和3年女子中学生にわいせつな行為をしたとして、大分県青少年健全育成条例違反で執行勇を判決を受けた男性が、県内の市立小学校の非常勤講師を務めていることを毎日新聞が報道した。


教職員免許法では18歳未満や禁固以上の刑罰、政府を破壊することを主張する団体に加入した場合のほか、懲戒免職などを教員免許の取り消し要件として掲げている。


今回の講師の例では、民間で働いている際の性犯罪であるため、教員免許の取り消しには至らなかったという。


個人情報を教員免許の取得情報を関連付けることによって、教職員に従事していなくても、禁固以上の判決が下された際には自動的に教員免許が効力を有しないようにするシステムを構築することが可能になる。


子供が性犯罪にあることによって、中長期的に精神面、身体面に支障が出るというケースもあり、対策が急がれる。

0件のコメント

Comments


kamofuraバナー.jpg
令和6年スローガン.jpg
Tシャツバナー.jpg
bottom of page