top of page

「真実であると証明すべき」伊勢原市が訴訟 看板巡り

神奈川県伊勢原市に設置されている伊勢原市の不正とされる行為を告発する看板の撤去を巡り、伊勢原市が設置者の男性を訴えた裁判が6日、横浜地方裁判所小田原支部でおこなわれた。


伊勢原市は証拠を11点提出。「被告が看板に記載している内容が真実であると証明するべきだ」と弁論した。


中村陽菜裁判長は伊勢原市に対して地方公共団体の名誉権の侵害に関するより詳細な主張を要求し、被告に対して看板に記載されている情報をより具体的に求めた。


第二回口頭弁論は9月7日が予定されている。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


kamofuraバナー.jpg
令和6年スローガン.jpg
Tシャツバナー.jpg
bottom of page