top of page

皇室に関する評論掲載されず 本紙問い合わせ以降 月刊Hanada

飛鳥新社の発行する保守系雑誌「月刊Hanada」(花田紀凱編集長)から「天皇論」などの皇室関係の評論が、本紙が対話を求めて以降掲載されなくなっていたことが判明した。


本紙が問い合わせたのは令和5年2月新春特大号掲載の八幡和郎「悠仁さまの帝王教育わが私案」についてで「教育の専門家ではない評論家が私案を掲載して口出しをするのは不適切ではないか」と八幡氏に求めた。


発行元の飛鳥新社から回答のあった令和5年2月以降発行分からは皇室に関する評論は掲載されなくなった。

0件のコメント

Comments


kamofuraバナー.jpg
令和6年スローガン.jpg
Tシャツバナー.jpg
bottom of page