top of page

【連載】第一回「クルド人で溢れる蕨」

在日クルド人問題で揺れる埼玉県川口市・蕨市の現状を本紙記者を総動員して取材し、3回にわけてレポートいたします。川口・蕨の両市に接したJR京浜東北線・蕨駅周辺を中心に取材しました。


8月28日―蕨駅

 

改札を出るとそこには制服の警察官が仁王立ちしていた。


在日クルド人による問題が川口市を中心に発生しており、東口が川口市に面する蕨駅も、その問題に悩まされている場所の一つだ。そのため、警察官が何か異変がないかと仁王立ちし、警戒に当たっているものであるとみられる。


駅周辺のホテル街や大通りは閑散としており、近隣住民も「うるさい印象はない」と語る。


一見すれば「郊外の駅前」を代表するような世界が広まっていた。しかし、駅前の商業施設に入ると、そのイメージは一変する。


詳細は日章新聞第88号をご覧ください。


0件のコメント

Comments


kamofuraバナー.jpg
令和6年スローガン.jpg
Tシャツバナー.jpg
bottom of page