top of page

飲食店での酒類自粛に批判の声「街中でのたむろ増える」

東京都が飲食店に対し、酒類の提供自粛を検討している件で、各所より批判の声が上がっている。

飲食店からすれ売り上げの多い酒類の販売は重要な要素で、多くの飲食店からは反発の声が上がっている。また、営業時間の短縮要請を受け、公道や広場、公園などで酒を飲んでいる集団が確認されていることから、酒類の提供自粛によって同様の事例が増加すると見られること

から批判の声が高まっている。

批判の声として「現代の禁酒法」「酒よりも会食が問題なのではないのか」「要請に応じた店舗は時短の対象外とするべきだ」などの意見もあがっている。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


kamofuraバナー.jpg
令和6年スローガン.jpg
Tシャツバナー.jpg
bottom of page