1_online_white.png
  • 日章新聞

【社説】安倍氏は説明責任果たすべきだが、国会追及は別だ

安倍晋三前首相が主催していた「桜を見る会」に関し、安倍氏側が一部費用を補填していた可能性があり、東京地検特捜部による捜査が実施されていることが一部の大手新聞で報道された。

東京地検が捜査をしているから逮捕される、有罪となるいう認識は郵便不正事件の村木厚子氏が無罪になったケースもあり、認識について慎重になるべきだ。

しかし、安倍氏について疑惑があることは事実であり、安倍氏はメディアや自身のSNSを通じて疑惑について説明をすることによって疑惑が誤解であるか事実であるかを明確にすべきではないだろうか。

野党は国会に安倍氏を参考人として招致するべきだと要求しているが、与党は拒否する姿勢を示している。今回の安倍氏の疑惑は刑事事件になる可能性が存在しているケースであり、安倍氏側の補填の資金の動きを判明させるのも東京地検特捜部の仕事である。税金が絡む大規模の不正かどうかも判明していない限り、国会で追及する必要なはないのではないだろうか。

この疑惑については詳細が判明していないこともあり、捜査や追及に関しては慎重になるべきものである。詳細が判明することに期待したい。

0件のコメント

最新記事

すべて表示
kamofuraバナー.jpg
fh2zutTb.png
広告バナー.png
Tシャツバナー.jpg