1_online_white.png
  • 日章新聞

日中外相が電話会談 情勢や人権問題の懸念伝え、拉致問題の早期解決へ理解と支持

日中外相は5日18時30分から1時間30分程電話で会談を実施した。

会談では両国が責任ある大国として地域・国際社会に貢献していくことを確認したほか、幅広い範囲での交流・対話が進むことへの期待を表明した。

日本側は中国海警による尖閣領海への侵入、中国海警法、南シナ海情勢、香港情勢及び新疆ウイグル自治区の人権状況について深刻な懸念を伝達し、具体的な行動を強く求めた。また、日本産食品に対する輸入規制の早期撤廃を改めて求めた。拉致問題早期解決への理解と支持を求め、中国側は支持を行うと表明した。

ミャンマー問題などについても意見交換を実施し、国際社会の連携の重要性を再確認した。

0件のコメント

最新記事

すべて表示
kamofuraバナー.jpg
fh2zutTb.png
広告バナー.png
Tシャツバナー.jpg