1_online_white.png
  • 日章新聞

日烏首脳で電話会談 情勢懸念を表明、北朝鮮問題の支持得る

菅義偉内閣総理大臣とウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は14日午後5時から20分間、電話での会談を実施した。

会談では両国の友好関係を再確認し、ゼレンスキー大統領からはウクライナへの支援に関する謝意が表明された。菅首相はウクライナ情勢の説明を受け、主権及び領土一体性を一貫して支持しており、情勢悪化を懸念しているという旨を述べた。菅首相は東シナ海・南シナ海での問題や北朝鮮によるミサイル問題・拉致問題早期解決に向けた理解と協力を求め、日本の立場に対する支持を得た。


0件のコメント

最新記事

すべて表示
kamofuraバナー.jpg
fh2zutTb.png
広告バナー.png
Tシャツバナー.jpg