1_online_white.png
  • 日章新聞

「正すべき点は正していきたい」首相会見 選挙敗戦受け

菅義偉内閣総理大臣は、衆議院と参議院の3選挙で野党が勝利し、自民党が議席を獲得できなかった件について記者会見を実施した。

選挙結果について菅総理は「国民の皆さんの審判を謙虚に受け止め、さらに分析した上で、正すべき点はしっかり正していきたい、このように思います。その上で、7月末を念頭に、高齢者の皆さん希望する方全員に2回目のワクチン接種、終えるように、政府としては挙げて取り組んでいきたい、このように思っています。」と述べ、広島再選挙について「いろんな御指摘を頂いております。そうしたことについては、自民党総裁として重く受け止めたい、このように思います。その中で、地域の状況を分析した上で正すべき点は正していきたい、そういうふうに思っています。」と述べた。

今回の選挙の引き金となった政治とカネの問題について「何回となく申し上げています。今、党内の書類は押収されておりますし、党として会計監査人がおりますから、そうした中でしっかり判断していきたい、こういうふうに思っています。」と述べた。

最後に衆議院解散について問われ「そこは私が常日頃から申し上げていますように、コロナ対策を最優先で取り組んでいくという考え方に変わりありません。」とコロナ対策を優先する考え方を表明した。

0件のコメント

最新記事

すべて表示
kamofuraバナー.jpg
fh2zutTb.png
広告バナー.png
Tシャツバナー.jpg