1_online_white.png
  • 日章新聞

【書籍紹介】習近平が日本の総理大臣になれる: 帰化制度と日本(著:金友隆幸)

いま日本政府が推し進める政策と世界的な人口動態から見ても、現在の欧州がそうであるように、これからの日本も外国人・移民問題が最大の国家問題となっていく公算が高い。「習近平が日本の総理大臣になれる」という状況に限りなく近いものが出来ていく。その中でも、帰化制度と国籍法はその中心的問題となっていくだろう。そうした意味で本書が読者諸

賢の参考一助となればありがたい。(Amazon販売サイトより)


金友氏は今年3月に「八紘一宇の呪縛を解く」を出版しているほか、平成23年に「支那人の日本侵略」を出版している。


0件のコメント

最新記事

すべて表示
kamofuraバナー.jpg
fh2zutTb.png
広告バナー.png
Tシャツバナー.jpg