1_online_white.png
  • 日章新聞

立憲議員「14歳と性交で逮捕おかしい」 日本の法律は

立憲民主党法務部会のワーキングチームが刑法の性犯罪規定の見直しについて議論した際、本多平直衆院議員が「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」と発言していたことが発覚した。

本多議員の発言については倫理上の問題はあるが、それ以上に、立憲民主党法務部会として性犯罪規定の見直しを実施している場面での発言であるのが問題である。法律が制定されて以降、徐々に日本を取り巻く社会環境が変化していく。その環境の変化に合わせて法律を改正し、より日本人が日本人らしく生きやすくするのが日本の国会議員の仕事である。その一環である党内会議において、党の方針に反する発言を行ったこと、倫理観に欠ける発言を行ったことは非難されるべきだ。

しかし、日本の法律という面だけを見ればそうではない。強制性交等罪は「暴行又は脅迫を用いて十三歳以上の者を相手方として性交等をした者は、五年以上の有期懲役に処するものとすること。十三歳未満の者を相手方として性交等をした者も、同様とすること。」という内容であり、本多議員の発言そのものの倫理性はともかく、法律上は改正前であればおかしいのは確かだ。前述の通り、法律改正に向けた議論で、問題点を是正し、日本人が日本人生きやすい環境の構築が求められる。

0件のコメント

最新記事

すべて表示
kamofuraバナー.jpg
fh2zutTb.png
広告バナー.png
Tシャツバナー.jpg