1_online_white.png
  • 日章新聞

「日本は滅びて当然」恵比寿・新宿などで演説 日本第一党・桜井誠党首


日本第一党の桜井誠党首と中村和弘幹事長は6日、東京都内と神奈川県内で街頭演説会を実施した。恵比寿・新宿・武蔵小杉・鶴見・横浜でおこなわれた。


新宿でおこなわれた街頭演説会では、桜井氏が政治の問題を取り上げた。

「よかったね。日本人が招き入れた武漢肺炎で死んでいく。政治家はどいつもこいつもアホばかり」

「怒るときに怒らない。バカがたくさんいる」

「政治家は歩いている君たちと同じ他人事。何を言っていても他人事。自分が良ければいい。日本は滅びて当然」

衆議院議員選挙との主張と変わらず、有権者を批判した。


政治家への批判の声も飛ぶ。

「北朝鮮に抗議した政党は日本第一党だけ。朝鮮総連に抗議した党はほかにいるのか」

「文書交通費は領収書が要らず、政治家のお小遣いになっている」

「武漢肺炎が流行しているときに野党は桜にモリカケ。武漢肺炎についてことあげしなかった」


中村和弘幹事長は国内総生産に対する防衛費比率の増加、奨学金を給付型にすること、皇統を一系にすることを政策として主張している。


「日本人が日本をあきらめてしまったら日本は終わってしまう」

最後に中村氏はこのように語って締めた。


新宿駅での街頭演説会は東口のアルタ前で実施され、聴衆は2~3人程度であった。スタッフによるビラの配布もおこなわれた。

0件のコメント

最新記事

すべて表示
kamofuraバナー.jpg
fh2zutTb.png
広告バナー.png
Tシャツバナー.jpg