1_online_white.png
  • 日章新聞

【記者のつぶやき】令和4年4月10日

緊張が走った。終われば手汗がびっしょりだった。


今日4月10日に千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希投手がNPBでは28年ぶりとなる完全試合を達成した。同時に、日本新記録となる13者連続奪三振、日本記録タイとなる1試合19奪三振も達成。佐々木投手本人の記録としてプロ初完投・初完封を達成。自己最速タイとなる164キロを出した。


私と佐々木投手は同い年だ。同世代に日本記録を次々と塗り替える投手が出てきたことは非常に驚きだ。この佐々木投手をリードした松川虎生(こう)捕手は高卒ルーキー10日前まで高校生だ。


こうした若い選手が次々と記録を残している千葉ロッテマリーンズ球団の今後は非常に楽しみだ。佐々木・松川両選手以外にも、期待の若手として藤原恭大・山口航輝・安田尚憲選手などが挙げられる。


スポーツに限らず、全ての活動の現場で若い世代が躍動する世の中になれば、今よりもさらに活気づいた未来になるのではないだろうか。今日の夕焼けはそんな未来を暗示しているように感じた。

0件のコメント

最新記事

すべて表示
kamofuraバナー.jpg
fh2zutTb.png
広告バナー.png
Tシャツバナー.jpg