top of page

政治家女子48党・大津綾香党首が都立大学前駅で活動 違反指摘も実は……

神奈川県知事選に立候補している政治家女子48党・大津綾香党首が3月25日に都立大学前駅(東京都目黒区)で名前入りのタスキをつけて選挙活動を実施した。


このことについて「目黒区議選の事前運動ではないのか」「公職選挙法違反だ」との指摘が一部でおこなわれている。大津氏は目黒区議会議員選挙への出馬を表明しており、そうした状況が事前運動に該当するのではないかと指摘されている。


公職選挙法には選挙区以外での選挙活動を規制する条文はなく、処罰も定められていない。他の選挙執行中の区域でなければ、選挙活動を実施する場所に指定はない。配布するビラも選挙管理委員会の審査を受け、証紙が貼られたビラであれば問題はない。


類似の事例としては神奈川県知事候補が町田駅(東京都)で演説するケースもある。神奈川県に隣接しており、小田急線や横浜線の利用者が多く、有権者に触れる機会も多いためだ。選挙管理委員会もこうした活動は禁止していない。


0件のコメント

Comments


kamofuraバナー.jpg
令和6年スローガン.jpg
Tシャツバナー.jpg
bottom of page